生きる。ということ。

海外にいるということは、文字通り故郷を離れ、海を渡って外にいるということ。

帰りたくても、すぐ10分とかで行ける距離ではない。

ということは、親の死に目や、友人の最期にもそばにいられないということ。

そういうことなんだと、改めて思い知る出来事が。

何かおきても、自分がいまやっていることをやり続けることしか道はないということ。

悲しくても辛くてもめげずに前に進まないと。

生きるために。

 

夢や、目標って贅沢だなと 数年前から思ってて、

それがなんで贅沢だっていう考えなのか自分でもわからないでいたけど、 なんで、贅沢だと思ったのかわかった。NYで、夢を追いかけながら生活していたあの時、家の近所には、生きるために精一杯のように見える人が何人もいた。地下鉄にも。夢や希望はもちろん抱いていたかもしれないけど、そんなことよりも前に、生きていることで精一杯な人を横目に毎日夢夢夢のことばっかり考えて、生きるということがどいういうことなのか忘れていたあの時。

生きていることが前提で初めて追いかけられる夢や目標。

進化した文明社会に生きてる私たちは、人間はみないずれは死を迎えることを潜在的にわかっていながら、

日々、”生きている”ということが当たり前かのようになって、

”生きる” ことが生きるための目的の状況にいる人たちとは違って、

生きることがいつまでも続くかのように、夢や目標、お金や、地位、名声を求める。

あたかも夢やお金が生きる目的かのように。

でも、夢やお金、その他の物質的なものを全て忘れ、生きることがどういうことなのかと

理解しようとし始めた時、”生きる”ということ、それだけが、どれだけlife force、モチベーションになるのか

とうことにきづいた。

夢を追いかけるのは悪いことじゃない。お金を稼ぐのが目的なのが悪いことじゃない。ただ生きているからこそ、可能なことなんだと忘れてはいけないと思う。

”生きよう” ”生きたい” と思うことは、”〜になりたい”と思うより、はるかに力強く、命のあるもの全てに

共通した目的だということ。

生きているだけで、可能性は無限大。命の限り生きて。諦めずに。

毎朝、起きてなにかをするということは、一見、夢や、お金や、自分の目標のためにしているかのように見えるけれども、核の部分は、”生きる”ということのためなんではないかと。

生きたくても生きられない人もいる。だから、生きている私たちは、精一杯生きないと。

”生きる” ために生きる。

”生きる”ために生きよう。

 

Being out side of your country, means you might not be able to  be there your family’s last, or might not be able to be there for your friends loss.

You need to understand that first before being overseas. 

Also, whatever happens here and there you have to live, keep moving forward and continue what you are doing. 

The heartbreaking news of my friend back in Japan, reminded me of this very simple thing.

You have to live to "live".

 

What is to dream? What is that about having dreams?

I started asking myself, what am I keep pursuing my dreams when people are on the street and they are just there to live the moment.

To me, it started feeling like its so spoiled. To dream, non-sleeping or sleeping, the first qualification is to be “alive”

They are tons of people who are living everyday just to "live", not to dream.

With that being said, we, people living in the privileged world often forget “to live” is not something that should be taken for granted. NEVER.

We live everyday like living is something there always though, something promised however, in subconscious we all know everyone, everything with life will die eventually. 

When you stop dreaming, or chasing money or fame, titles, 

living in dreams or chasing dreams etc is not a bad thing. That is not what i am trying to say. 

We have to keep reminding ourselves we are alive, which allows us to dream and chase money and do whatever we want. Without being alive it is impossible.

when you truly start to living, you will know the concept of  “living”. 

"to live" itself is the biggest life force for every single thing with life on this earth.

You will be surprised how “living” itself can drive you to live everyday or do something. It is a great motivation anyone can have.

We can do anything as long as we live, the possibility is infinite, so please live. Don't throw your life away. Keep living no matter what. Do not give it up because you can't take your life back when you let it die.

We live to live. We live not to have money or fame or success. Since the day we were born, our life force is there.

We must live to “live". 

There are people who can't live even if they want to. so we must keep living because we are here living.

“Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.” Gandhi

 

 

R.I.P

KOTA

12.15.2015

ありがとう!