Indo Trip Part.4 : Gili Trawangan

 Lombok行きの船に乗るみずほ。

Lombok行きの船に乗るみずほ。

さて、肝心の宿はみずほが帰る前に一緒にチェックインしにいってもらっていた。

着くなり、冷房と蚊帳付きベットがあるゆったりした部屋に案内された。一泊3000円。が、そもそもみずほが予約してくれていたメールには2000円と書いてある。メールを見せても日本語で読めないと言われ、調べるから待っててと言われて30分。亀ほどに遅いインターネット環境で時間がかかったらしい。やっと見つけたらしく、また部屋に係の人が来たかとおもうと、冷房のリモコンを持っていってしまった。

『あー2000円だと冷房はついてないの。3000円払うなら冷房つけられるよ!』

冷房なしで寝れるので無しのままでお願いした。

ロンボクのみずほの家での経験から、ロンボクで水シャワーなのに、ギリでお湯が出る訳がないと予想はついていたけれどやはり水シャワー。Vipassanaのおかげでいちいちテンぱったり、無駄な反応をすることがなくなっていたので、淡々と状況を受け入れる事ができる自分がいた。

 エメラルドグリーンといよりかは、ターコイズブルーの海。

エメラルドグリーンといよりかは、ターコイズブルーの海。

 島のメイン通り

島のメイン通り

Giliでは、エンジンが禁止されている。なので、島を走る車やバイクはない。すべてが自転車かチドモと呼ばれる馬車のみ。島内の業務用の荷物を運ぶのにはチドモが活躍。道は、ビーチの砂というよりかは砂利道に近い感じなので、焼けた自分の足は一瞬にして白くなった。

観光客は、主にヨーロッパが多い。見た限りでは日本人は私以外誰もいなかった。まあ、だれも私の事を日本人とも思ってないんだろうけれど。w 狭い島なのですぐ顔見知りになれる。同じ道を一日に何度も歩いているといつも同じ場所で同じローカルのお兄ちゃんたちに出くわす。

夜ごはんは、ナイトマーケットと呼ばれる、串焼きや、魚介の丸焼きをオーダできる場所で。隣に座っていたフランス人のカップルと世間話をしながら食べた。離島&観光地なので、物価は少し高め。

次の日は朝からシュノーケリングに出かけた。1つのグラスボートに何人乗るんだ?!というくらいの人数をのせてGili Meno, Air そしてTrawanganと3島をまわり5時間ほどかけてシュノーケリング。

 浅いと下まで透き通って見える。

浅いと下まで透き通って見える。

 スペイン語やオランダ語、ドイツ語、英語などいろんな言語が飛び交うグラスボート

スペイン語やオランダ語、ドイツ語、英語などいろんな言語が飛び交うグラスボート

Gili Airの近くでシュノーケルのために船が泊まると、いきなり舵取りの兄ちゃんがサーフボードを取り出しすぐ横のブレイクでサーフィン。なんて自由なんだ。

シュノーケルは無事に終了し、オランダ人、ポーランド人と仲良くなった。またどこかで会えるといいねとお互いハグをして別れた。 

島の反対側でサンセットが見れると聞いていたので、そこまで歩いて見に行った。歩いて30分くらい。

 真っ白な砂

真っ白な砂

 サンセットスポットの途中で。ダンスバトルをするローカルの男の子達

サンセットスポットの途中で。ダンスバトルをするローカルの男の子達

 一人でぷらぷら黄昏れながら歩いていると途中でローカルの男の子に声をかけられた。通じてるか通じてないかわからない英語とインドネシア語で話をしながら一緒に見たサンセット。

一人でぷらぷら黄昏れながら歩いていると途中でローカルの男の子に声をかけられた。通じてるか通じてないかわからない英語とインドネシア語で話をしながら一緒に見たサンセット。

 ロンボク島からも見えたBaliのアグン山  夜ごはんはまた、ナイトマーケットで、シュノーケリングで仲良くなったポーランド人と人生について語り合いながら食べた。  一人でギリに来て、本当に色々新鮮で、素晴らしい体験ができた。瞑想は一回もしなかったけれど。。w     次につづく。次回でIndo Trip Blogは最終回!

ロンボク島からも見えたBaliのアグン山

夜ごはんはまた、ナイトマーケットで、シュノーケリングで仲良くなったポーランド人と人生について語り合いながら食べた。

一人でギリに来て、本当に色々新鮮で、素晴らしい体験ができた。瞑想は一回もしなかったけれど。。w

 

次につづく。次回でIndo Trip Blogは最終回!