インド 振り返り記 2

ここ最近 やってみないとわかんない!っていうことで、新しい環境で挑戦したり、ヨガについて考えてみたり、自分のこれからについて感じるより頭を使って考えすぎて、ちょっと疲れていました。そして毎度日本に帰ってきて3ヶ月ほどすると出てくる、また旅に出たい症候群。インドで習ったアユールベーダによると私は、pitta vata。 vataは風の要素を持っていて、一つのところにとどまることができない性格らしく、まさにその通り。

日本が嫌いな訳じゃないけど、日本に戻ってくると味わう日本ならでわの窮屈感。自分のいるべきところは日本じゃないんだなと、無意識に思い知らされることが多い。 

振り返り記と題しましたが、今の現状に満足というか感謝が足りていない気がしてそんな状況を変えるためになんでヨガを習ったんだっけなんてことを思い起こしてみたり。そしてまだまだ勉強したいし、インドに戻って今度は300時間のコース受けたいなって。 やっぱり自分は自分に挑戦して、学ぶことが好きらしい。教えることより学ぶことの方がまだ得意みたい。

このシリーズの前半はこちら インド、ヨガ、きっかけ。そしていざインドへ。

 


デリから7時間も砂ぼこりとひっきりなしに鳴り続けるクラクションとともにリシケシまでドライブ。交通ルールがあってないようなもんで、信号もほぼないし、車に混ざって自転車にとてつもない大きな荷物を載せたおじいちゃんが走っていたり、日本では絶対に見ない光景に直面した。

やっとついた、リシケシのヨガの学校は、ガンジス川の近く。さすがにデリとも違い、空気もきれいで、久しぶりに青い空をみた。

インドはとにかく色が綺麗。女性が日常的に切るサリーも色が鮮やかで、見るだけで元気になる。そして、サリー一つ一つが違い、来ている人に本当によく合っている。

インドでの体験は自分が試されている気がした。どれだけ私にとって日本とはかけ離れた非日常的な世界で、そこに良い悪いの判断をすることなく、インドはインドと受け入れることができるかどうか。

インドにいったら、大好きになるか、大嫌いになるからしい。私はインドが大好き。また3ヶ月くらい計画なしにいこう。