ヨーロッパ珍道中 Vol. 5 Portugal pt.1

さて

物価と公共機関の高いロンドンを去り、

エッグタルトと、タイルの街 Lisbonへやって来た。


物価は安いんだけど、ギャラが入るまでぶっちゃけ財布はカツカツどころか

カラカラで。真面目な話。

パリでの一枚。このおばさんのポケットに 私よりお金がはいっていてもおかしくないくらいな私の財布事情なう。

パリでの一枚。このおばさんのポケットに 私よりお金がはいっていてもおかしくないくらいな私の財布事情なう。


私の人生や感情のようにアップダウンの激しい坂の多いこの街。

今日もいつものようにカメラ片手にあっという間に16km歩きまくる。

電車はなんと1.45ユーロ。

ロンドンよりはるかに安いのにいまの私には

全てが高く感じる。

食費のために節約。

どっちにしろ歩くの好きだし

歩いた方が楽しいので昨日は通らなかった道を歩くと、街を見渡せる公園に。

その近くには一軒一軒違ったタイルで埋め尽くされた建物があり、夢中になって写真をとっていた。

 

今日はgoogle mapは気にせず、直感で歩いてみることにした。


好きな柄

好きな柄

載せきれないほどたくさん。 きりがないほど次から次へと見つかる見つかる。

載せきれないほどたくさん。 きりがないほど次から次へと見つかる見つかる。

ハッとする景色や、新しいタイルを見つけては子供のようにワクワクしながら写真を撮る。

と、同時に頭の中にある不安要素とにらめっこ。


土曜日にLisbonよりもっと南、スペインの国境により近い

Faroというに行くことにしていて、27日までairbnbで見つけた安い宿に泊まることにしているんだけど、

ふと考えるとFaroから、Algecirasというスペインのモロッコ行きのフェリーの港町まで行くチケットが買えなくなりそうと思ったので、 

一番安いチケットを探して、資金が底をつき、動けなくなる前に先に買うことにした。

残金がやばい。


ロンドンは物価も高かったのでほぼ自炊していたし、どうにかなると思ったけれど、

日本にいるわけではないので出費ゼロにするにはかなり非現実。


こんなギリギリで切羽詰まった旅。

バケーションじゃなくて、旅。

普通に暮らしてたら感じなくても済むこと、

崖っぷちや瀬戸際といった言葉がぴったりな人生経験をする旅に

なんで出たんだろうと歩きながら考える。


高くて、綺麗な5つ星ホテルに泊まるより(そんなお金はないけど今は、)

地元の人のように暮らし旅をするのを好むのか自分に問いかけて見た。


そして気づいた。


日本にいると、全てが揃い、家族もいて、お金も稼ぐ方法は選ばなければいくらでもあって、

精神的にも安心して、自分の感覚が鈍りがち。

感謝も忘れがち。


外に一歩でて、知らない世界に自分を放り込み、知らない道を歩くと、

私は色んなことに気がつき、よく感じる。


どの国を旅しても必ず出会う物乞い(物乞いを見なかった国は今の所ない)

重労働者に多く見られる有色人種

多種多様な観光客

薬中

ストリートパフォーマー

高価そうな洋服に身を包んだ人たち

高級車を乗り回す人

おしゃれなレストランでワインを嗜む夫婦やカップル

人種、地位、育った環境も様々な人

私を泊まらせてくれる心優しい友達、

道を教えてくれるローカル達、

エレベーターのない場所でトランクを運ぶのを手伝ってくれる見知らぬ人達。


私は決してお金持ちではない。

旅をしながら行く先々で買い物をすることも本当に少ない。が、

究極にヨギーのように娯楽や贅沢は

全くしない!っていう旅は逆にストレスになるので

自分に負担をかけすぎないようにバランスを見て

選択をする。

撮りたいと思う景色に出会い、思った通りの写真が撮れればそれで幸せ。

お土産も、

ものより、お土産話の方が多い。

そんな自分勝手気ままな

私のそばには

私を支え、助けてくれる沢山の人達がいて、

泊まるところもあって、贅沢はしないけど、今日食べるものを買うお金があって、

私の帰りを待ってくれている家族や友達がいて、

「ない」ものよりも、「ある」ものが自分の想像以上にあるんだってこと。

「ない」を知って、「ある」ことを知る。



それを自分に自分でリマインドするためにこういう旅のスタイルを無意識に好んでいるのかもとふと思った。

 

 

色んなところに旅してていいよねーってよく羨ましがられる。

でも現実はそんなに楽じゃないのも事実。


日々の孤独との戦い、

行き当たりばったり(あえてこうしている その土地に行くまでに余計な情報を頭に入れたくないから。ネットで検索すると行くまで知りたくない情報まで出てくる 例えば景色とか。行ってから驚きたいタイプ良くも悪くも)

日々、予算の心配

日々、節約

旅してるからパーっとやる!ってことはなかなかない。

(行っているパーティーはほぼ無料、ロンドンのパーティーでもお酒はほぼ飲んでいない。飲まなくても楽しかったっていうのもある。)

4年前にも東南アジアで  

明日食べるために必死になる という経験をした。その時に感じた 「生きてるっ!」って感覚がとても新鮮だった。 

全てが揃っている恵まれた環境で育った私には 今まで感じたことのない感覚だったんだ。 

インフラや生活設備が整ってない環境に育った人達の方がサバイバル能力が高い気がする。 

ないことを嘆いても現実は変わらないので

頭を使ってあるものでどうにかする。 


たまーーーに、インスタに何万人もフォロワーがいて、飛行機に乗るだけで

ポンと空港には迎えがいて、素敵なリゾートに泊まって、おしゃれな服を着て

至れり尽くせりな旅なんて贅沢 羨ましい。どことなく優越感に浸れる。


でも私は、それをしたところで、自分のためにはならないし、

私でなくても誰でもいい気がする。

私が旅をする意味がなくなってしまう。


結局、なんだかんだ色々あるけど、楽しいし、お金よりもリッチな経験が欲しい。


良くも悪くも、今私が感じたり、直面している現実を私にしか撮れない写真や書けない文章を通して 私が今思う現代社会に対する違和感や疑問をシェアしたい。

自分がなぜここにいるのか、そして何ができるのか。

人生は 時に孤独で、時に不安で 時に本当にどうしていいのかわからなくなることもあるけど、

純粋に みんながもっと今、目の前にあるすでに存在してる幸せで、恵まれている環境にいるってことが伝われば嬉しい。

幸せは意外にも身近にある。

 こんな私の旅、サポート、賛同していただける方、少しでも募金してくれたら嬉しいです。1000円でも助かります。

よろしくお願いします。

https://paypal.me/miyufukada

 

物乞いしている人たちって こんな大変そうな旅してる私よりもはるかにタフだなって思う。

プライドも捨てて 生きるために 必死なんだ。

Less is more.