サーフィン

Morocco Pt.2 くるくるヘアーのベルベル人とモロッコ人に間違われる私。

帰国するまで全然書くつもりなかったんだけど、


昨日から来ているエッサウィラが最高すぎて!

行く前からロンドンの友達にイチオシされて気になってた場所。


ここに来るまでには色々ありました、、、

フェズからメルズーガ砂漠ツアーでマラケシュまで。

もう二度と行かないかな。砂漠ツアー

ベルベル人のボーイズ達。顔が似ている子もいて兄弟かと聞いたけどみんな仲の良い友達らしい。 砂漠には住んでいない。 ラクダに乗れるのは日本の冬〜春の時期。ラクダガイドの期間限定バイトなんだろうなーとか思ったw この伝統服の下には普通の服。 

ベルベル人のボーイズ達。顔が似ている子もいて兄弟かと聞いたけどみんな仲の良い友達らしい。 砂漠には住んでいない。 ラクダに乗れるのは日本の冬〜春の時期。ラクダガイドの期間限定バイトなんだろうなーとか思ったw この伝統服の下には普通の服。 

寒いし、ラクダがなんか可哀想だし、ほぼ車移動だし。とにかく朝日の出を見るためにラクダにゆられて一時間。

足の指がとれるかと思ったよ!

フェズから出発したツアー。

ドライバーがコミュニケーション全然とらない人で

どこに行くのかもわからないしホウレンソウが全くなく

終始イライラしていた私。

聞いても全然通じないし

Please wait a momentって10っ回いっても全然待ってくれないし

ホスピタリティにかけるツアー会社&最初のドライバーでした。

ワルザザードで乗ったタクシーのおじさんが最高に優しくて、

色々説明してくれたし!

本当に当たりハズレのあるモロッコ砂漠ツアー。

私は1人だったので、パリ留学中の中国人5人組と同じラクダグループ。

中国人、、とか思ってたら、

ラクダの背中で、iphoneから音楽

流してて、EDM系のずんちゃかなやつね。私は静かにラクダに乗りたかったので申し訳ないけど消してほしいと

頼み、すんなり消してくれた!

その後のテントでのディナー中にも色々話をして

普通に面白かった。20代前半の男の子4人と女の子ひとり。

エンジニアリングの学校に2年という期限で通い、インターンなどしていて

パリに住んでいるからフランス語の方が達者なんだけど

英語で色々質問してくれたりして嬉しかったな。泊まるテントは人数が決まっていて

2,3,5人組どれかだった。私も入れて6人だったのでじゃ3、3にしようって

言ってくれて、優しかった!

固定概念はよくないなとつくづく思った。

中国本土からくる観光客と、海外に少しでも住んだりしている中国人はまた違うと思うけどね!


砂漠ツアーで車とバスに揺られすぎてかなり体もきていた。

ご飯にも飽きていて

モロッコはヨーロッパに一番近いアフリカ。

なので小麦が多いのです。小麦は一時期やめたこともあるくらい

私にはあまり合わない。(パスタやパンなどの小麦やめたら痩せたのさ!)

クスクスに、パン(いっぱい種類があるけどね)

インドの時みたいにスパイス(モロッコでは主にクミンばっか)

にも飽きてきちゃって、マラケシュに着いた夜はジャンクフードに走ったよね。

しかもフェズ、メルズーガ、ワルザザードなどの他の観光客用のアトラクション見たいな観光地

の食べ物のの値段より全然安くてテンション一気に上がった!

インドのカオス感に似ているマラケシュ好きかも!とか思ったけど翌日のメディナで

細道をスクーター、自転車で突っ込んでくるローカルにいらっと来た私w そしてマラケシュには

歩行者用の信号がない!ポルトガルも信号がほぼなかったけど99.9%の車が停まってくれるのが当たり前だった。

マラケシュはそんなことは全くない。

肉体的、精神的疲労が積もっていたのでとりあえず、マラケシュについたらローカルハマムではなく

めちゃ綺麗なハマムに行こうと予約したところへ。

うん。日本のサロンのホスピタリティ、おもてなし精神は本当に見習うべきことだなとつくづく感じた経験。

再度、アカスリしてもらって、マッサージ。それぞれ担当が違うんだけどマッサージの人が独り言ずーっと言ってて、私に文句があるのかなんなのか全くわからないけど

あんまり気分が良くなかった。なのに平気でチップを求めてくるからね。

日本のネイリストさんとか、美容師さんにチップをあげたいくらいだわ。


さ、そんなこんなでモロッコはもう疲れた!

とか思った後に来たこのエッサウィラというビーチタウン。

昨日の夜について、早速今日今年の初乗りサーフィンして来ましたー!

2時間ウエットと、板を借りて1500円。妥当?かな。

水は意外と冷たい。貸してくれたウエットは2ミリとかで寒かった!w

去年はドミニカ共和国で初乗り、今年はモロッコで!

いやー気持ちよかった。日差しが強いのですでに顔は真っ黒!

明日も行きます。明日は午前中に。

11時過ぎに見たときは面ツルだったんだけど午後になると南風が吹いて面がざわついたけど、楽しかったー。久しぶりに8feetないくらいの板だったけどすごく乗りやすくて、最高でした!


どこの国に行ってもローカルサーファーはなんか似てるんだよなあ。

髪の毛は潮焼けで金髪。ベルベル人は髪の毛がくるくるの子が多くて、それがドレッドになっている男の子達もいっぱい。

モロッコはインドネシアのロンボク島よりイケメン率高めです。


夕方、散歩がてらメディナを歩いていたら、白人の観光客が私の顔をみるなりニコッと微笑んで来たの。

多分モロッコ人だと思われたんだろうな。

モロッコ人にモロッコ人かって聞かれる始末。笑

こっちで、ありがとうとはシュクランって言うんだけど最初は

ショコラ(フランス語でチョコレート)にしか聞こえなくて

なんでチョコレート、チョコレート言ってるんだろうと思ったら

アラビア語のありがとうでした。笑

でも私の耳は肥えてると思う。英語を自分でネイティブレベルに喋れるように勉強したこともプラスになって

言語を聞くだけでどう口を動かして、舌をどの位置に置くとどの音が出るのかってのがわかる。私が旅するのにとても重要なスキル。これでローカルの顔して

すっとぼけて歩けば大抵のことにはひっかからない。

道で声をかけられてもほぼシカト。見向きもしません。w

この魔法の言葉シュクランと、パリで少し鍛えられたフランス語を思い出し活用して過ごしています。

でもエッサウイラはマラケシュより英語が通じやすいかも。

鎌倉由比ガ浜に似た感じの海岸で夕日も同じ方に沈むし、なんか親近感のわくビーチタウン。

帰国まで後少し。

シーフードの美味しい街で、お肉に飽きた私はずーっと魚ばっかり食べてます。

地元のほぼおじさんしかいない魚のフライやさん(昨夜着いた時からずーっと気になってた)で

フライを買って、夜ご飯に。

美味しい。

 

エッサウイラ おすすめです。

またモロッコに来るときはここエッサウイラ だけに来たいくらいそのくらい気に入った!

やっぱ海の近くっていいよね。

 宿の下にあるケーキ屋さんでケーキを買ったけどスプーンもフォークもないというのでどうしようとか思ってたら 角にたってたおじさんが自分のジャケットからなぜかティースプーンを取り出し渡しに貸してくれた。 なぜ胸ポケットにスプーンがあるのか謎だったけど おじさんの優しさにほっこり。 私が横浜出身だといったら 今日背後から ハイ ヨコハマ!と声をかけられたw

 エッサウィラでのステイ先 クローゼットの扉。かわいい。

 エッサウィラでのステイ先 クローゼットの扉。かわいい。

モロッコ建築。中は吹き抜け。  

モロッコ建築。中は吹き抜け。  

やりたいこと全部

ブログをしばらく更新していなくて。。。 

遅ればせながら 

あけましておめでとうございます!  

 

去年の冬は、常夏に身を置いていたのと もともと冬が好きではないので 体が重くなかなか物事がうまく動かないなと思っていたところ、  

インドの伝統医学 アユールヴェーダ的に見ると どうやら食べ過ぎと 炭水化物の摂りすぎのようで、食生活を少し見直して 朝のヨガもじんわり汗をかくまでやってみたら 体が軽くなってきました。 

 

一昨年 インドで習ったアユールヴェーダに興味があって昨年から もっと知りたいと重い、母の友人でアユールヴェーダの先生に読むといい本を聞き少しずつ勉強している最近です。  

やりたいことを次から次にトライする  

という傾向にある私は、 

アユールヴェーダの Vata(風) 

によるものだそうで、  

アユールヴェーダのことを知れば知るほど 腑に落ちることがたくさんあり、 これを少しヨガのレッスンにもとりいれるというか、知識、知恵として レッスンに来てくれるみんなにもシェアしていきたいと思ってます。  

今年に入って 

1週間弱  

台湾に行ってきました!  

 

現地でも、日本に住んでいた台湾人の友達のおかげで 友達を紹介してもらい、泊まらせてもらったり、 

 

その他にも 台南に行った時も 日本の友達に紹介してもらったサーフガイドにお世話になったり、  

ローカルのサーファーとガイドのアスイ 女の子が多くて最高! 

ローカルのサーファーとガイドのアスイ 女の子が多くて最高! 

台北に引っ越した友達を紹介してもらって 一緒に行動したり

美味しいご飯やさんを紹介してもらったり

色んな人のつながりのおかげで

楽しい 2017年 最初の旅となりました。

台南は本当にあったかくて

やっぱり 私は太陽の強い場所の方が合っているのだと 再確認しました。

台湾の1番下のほう 

台湾の1番下のほう 

 

今年も徐々にお仕事の話が進んで 

感謝です。

去年以上にフットワーク軽く 旅もしつつ写真も撮り 

ヨガも教え、 モデルもして、 翻訳もやって  

やりたいこと全部やる年にします!  

 

 

定期的なヨガクラスは こちら 

毎週水曜日 9:00-10:00 ¥2,500/1drink

@ Deus Ex Machina Harajuku  (明治神宮前駅から徒歩)

毎週土曜日 8:00-9:15 ¥2,500

@ 蕾の家 (鎌倉 江ノ電由比ヶ浜駅すぐ) 

 

2/8は 原宿 The North Face 3/Marchにて夜ヨガ開催します! 

 

IMG_2737.JPG

THE NORTH FACE3/marchでヨガを行なってみませんか?

 

ヨガを通して身心ともに美しく、ヘルシーなライフスタイルを。

明日への活力に繋げてみては。

日時/2月8日(水)

時間/20:00〜21:00(19:30受付)

場所/THE NORTH FACE3/march

講師/深田美佑さん

参加費/¥2,000(当日支払い)

持ち物/動きやすいウェア、ヨガマット、タオル、飲料

希望者にはヨガマットレンタル可。

受付は店頭、または下記お電話にて。(保険加入あり)

03-6418-4921

 

2017年もどうぞよろしくお願いします。 

旅の話はまた詳しく書きます! 

28歳 フリーランス

FBを開いたら ちょうど、去年のこの日 

カンボジア 27歳 無職

http://www.miyufukada.com/blog/2015/12/9/life-in-cambodia-27

という題でブログを書いていたことを知らされた。

一年経ったのかと、都内での打ち合わせへ向かう電車の中でこの一年を振り返ってみる。

IMG_1734.JPG

一年前の私は、カンボジアでもがいていた。もがいていたというか 旅の資金探しに必死だったというほうがしっくりかな。 文字通りの必死。

ほぼ毎日ここでココナッツウォーターを買っていた。

ほぼ毎日ここでココナッツウォーターを買っていた。

自分が思いつくあてを手当たり次第探し、訪ね、お金がもらえる仕事ならどんな小さな仕事でも探していた。  

プノンペンの排気ガスで汚ったない雑踏を  自転車でかっ飛ばし チェーンが外れることもしばしば 

見知らぬ地で生きることに必死だった。 

そう言えばちょうど1週間前、自転車のチェーンが外れたな。 なんというシンクロ。 

それはさて置き、 

あの時あの場所で あんなに必死になっていた自分からは想像もできないような環境に今いる。  

これは本当に感謝でしかない。 

あの時あの場所で あんなに必死になっていた自分が 今の自分の糧、自信、行動力に確実に繋がっている。 

本当にほんとーーに、 人生で無駄なことは全くない! と断言出来る。

全ての点と点が繋がり私の人生という線を描いている。

一つひとつの出会いが確実に、着実に 私の人生のネクストステージに繋がる橋となってレゴのように組みあがっていく。 

おそらく29歳の来年の私も また同じようなことを感じるのであるのだろう。 

 

それを思うと歳を重ねるということが楽しみで仕方がない。  

自分の想像もしない世界へと 人生は連れてってくれるのだから。 


ただひとつ、これには法則がある。

「今」を全力で受けとめ、全力で突き進むこと。 

「今」を大切にすること。  

過去や未来の結果にとらわれず 「今」に全ての意識を集中すること。 

 こんなことを書きながら ヨガの哲学と同じじゃん! 

ふと気づく。 おもしろい。

 

ヨガを推したい訳でもなく、純粋に 人生を精一杯楽しみ どの瞬間も無駄にしないためには 「今」しかないということ。

私はこれを色々な経験を通して学んだ。 

ヨガに出会う前から実践していたのかもしれない。 そんな私が今ヨガを教えている。 なんとも面白い。 

ポーズをして体を動かすことがヨガのイメージとして 定着している今 

ヨガはそれ以上のことだと体現していきたいなと思う。  まさに人生そのもの。

 

ポーズなんてしなくなっていい。  

今を精一杯生きること自体が人生の本質、 

人生を楽しく過ごす知恵 = ヨガなんだと。  

なーんだ! ヨガをやってない人でも みんなヨガ知ってるじゃん!  

なんて思った28歳 フリーランスの朝。 

 

毎日 楽しく、自分が楽しいと思うことをして生きる。 レールから外れて私の人生という新しいレールを引きながら生きる。

こんなライフスタイルがあってもいいじゃん! って 生きること自体が仕事になってるなんて嬉しい限りです。 

人生にルールはない。 

100人いたら100人分のライフスタイル。 ただ共通しているのは 心から楽しんでいるということ。 

サーファーでもスケーターでもヨギーでも フォトグラファーでも モデルでもなんでもいい。 楽しく生きていればそれでOK!  

 

そこにかける情熱や愛がどんな人にも共通してることなんだと。 

人生 最高! ありがとう!