ハッピー

自己満で生きる。

結構前から気づいてたけどうまく説明できない

というか



日本での

「自己満」のイメージがネガティブ。



なので、言いにくかったんだけど



私、自己満で生きてます。

アイス大好き!その写真撮るの大好き!

アイス大好き!その写真撮るの大好き!



そして、世界中の人が自己満で生きたら

平和な世界になると思う。



は?自己中なの?



とか思った?笑







自己満足って

その字の通り

自己で満足すること。



言い方を変えると、

自分を自分で幸せにすること。



だと思う。



都内での仕事を辞めて

4年目の今年。 



なんか、自分が辞めても誰かが穴埋めできる仕事をするのが

「?」

になっちゃって、

自分にしかできないことしたいと思ってやっとここまできた。



自分にしかできない仕事で食べたい



と思った時に、避けて通れなかったのは

自分に何ができるか

を知ること。



それって結構、

自分がしたいことと違ったりするから

その現実を受け入れるちょっとの勇気が必要。







昔は

夢と幸せってセットだと思ってて、

夢が叶ったら幸せになれると思ってた当時

じゃあ夢叶わないと幸せになれないの?

っていう疑問から始まり、

NYの昔から知っている友達が何年経っても同じことをしているけど

(側から見たらまだ同じことやってるの?っていう感覚)

毎日楽しそうに過ごしているのを目の当たりににして

ダンスが大好きでNYで通い始めた学校にいるのに幸せを感じられてない自分が嫌になって、

夢を追いかけるよりも、今楽しいことをしたいって思うようになった。





それが全ての始まりだった。



子どもの頃からの「ダンサーになる」夢からはその時に離れて、

今思えば、それは私がしたいことだったけど

私にはできないことだった。



その当時はヨガはNYのそのダンスの学校で習っていたけど、

「今、この瞬間を生きる」ことがヨガ、なんてこれっぽっちも知らなくて

でも無意識に確実に自分の中のスイッチが 

「将来」より「今」に変わったのを覚えてる。



子どもの頃から

将来はどうしたい?

何になりたい?

大人になったらどうしたい?

とか



そういう先のことばかり考えさせられるような

今 自分の目の前の幸せには全く意識を向けさせないような

社会のあり方の中で育って



当たり前のように先のことを考えるようになっていた。



今が幸せってみんなが気づいちゃったら

現代の社会の仕組みが崩壊しちゃうから。



ダンサーになる夢を追いかけている自分がカッコ良いと思って

それでなんかわからないけど 夢に向かって頑張っている自分がカッコよくて

それでなんかわからない幸せを感じてた風だったけど



いきなりその「夢に向かって頑張っている自分」っていうものが

なくなったら、幸せじゃなくなっちゃって



自分は何でハッピーを感じられるのか

ってところから始まった。

自分で自分をハッピーにしよう

って思ったのがきっかけだった。



そこから、自分が好きなことを

ピンと来たらやるようにして

自分の好奇心と興味の赴くままに

行動してみて



自分が楽しいと思えることの中から

自分にしかできないことを探してった。



重要なのは

楽しいって思えるかどうか。



自分にしかできない仕事じゃなくても



自分が楽しいって感じることが一番重要だと思う。



自分のハッピースイッチを自分で見つける。



職場とか他人に求めるんじゃなくて

自分で見つける。



言い方を変えると、

自分次第でどうにでもなっちゃうから

人生は全て自分の手の中。

人に左右されずに自分で勝手に幸せになれちゃう!

ってこと。



すごくない?!



あと絶対に忘れて欲しくないのが、



会社に勤めていたり、雇われたりしている人が

私のようにフリーランスや、自分で事業をやっている人より

劣っているとかは全くないということ。





「私なんてまだ会社勤めだし、みゆみたいにカッコよいことしてない」



とかいう人にたまに会うんだけど

別にカッコ悪いなんてことない。

私がすごいってこともない。



ただ思うのは、

満足している他人を見て、自分が現状に満足していないことに

気づいているなら、満足できるように変えたらよいと思う。



会社勤めでも、どんな仕事をしていても

満足しているならそれでOK



人の物差しや、社会の物差しで

自分の人生が良いか悪いかなんて決めないで。



自分にできること

ってみんなそれぞれ違うし、



ある人にとってはそれが会社に勤めることなのかもしれない。



私には、それが向いていないから今、こういう生き方をしているだけ。



ただそれだけのこと。



自分のことを自分で知る。



これは、私が「ヨガ」を教えるときに毎回テーマとしてきたことでもある。



私が伝えたかったのは

自分を知って、自分を自分で幸せにする

ってこと。



これが今現代の「ヨガ」のエクササイズ的なイメージという入り口では

私のメッセージが届きにくい

と思ったので、今年から「ヨガ」インストラクターはしません。



でも、ヨガの「今を生きる」という精神は

自分の中に常に持ちつつ

生きています。





自己満って別にネガティブじゃないでしょ?



他人や物に頼らない

自分を自分で満足させる

ことができたら、

何かを誰かのせいにもしなくていいし

もっとハッピーな世の中になる!



誰の夢を壊すわけじゃないけど、

現実的に自分に備わってない才能

(才能って別にすごい能力じゃない、日常で使える単純なことも才能だって頭の片隅に置いといて)

を努力でなんとかして夢を追いかけ続ける

その道中は結構辛い。

こうなりたいのになれない

それが重なると社会でいう「諦め」「挫折」ってことになる。

でもこの「諦め」「挫折」って

その「夢」を追いかけてる99%の人がどこかで経験することだと思う。

でもその諦めって自分には向いていないとか

その夢よりももっと自分の中で大切なことに気づいて、

恋愛したり結婚したり、子供ができて

子供の頃の「夢」を達成していなくても幸せに暮らしている人って

いっぱいいる。

そういう社会での大多数の

夢を「諦めた」人たちが



なんかどこかで

夢を叶えた人やテレビなどに出てくる有名な人がすごい、えらい

とか 感じちゃう社会がなんか違うと思うんだよね。



その人たちは 夢を叶えるより先に

自分の身近な目の前の幸せに気づいた人たちなんだと思う。



自分は何に向いていて、何が得意なのか。

全く何も得意じゃない人って存在しないはず。

一人ひとりに必ず得意なことってあって、

それを活かした仕事や、生き方ができたら

幸せは勝手についてくると思う。







ダンサーという職業には向いていなくて夢は実現しなかった。

(食べるの大好きだし、友達と遊んだり自由にしたり、人から言われたように踊るのは好きじゃない、いろいろ犠牲にすることができなかった)



でもそれで今の私は不幸せかと言ったら全然そんなことない。

むしろ超ハッピー!







夢を実現するのはほんの一握りだって

いうけど、

実はその夢に向いている人が残っていくだけであって

一握り以外の人はそれには向いてなかったってだけの事実じゃない?



自己満。

これが楽しく生きる私の秘訣。