ヨガ

28歳 フリーランス

FBを開いたら ちょうど、去年のこの日 

カンボジア 27歳 無職

http://www.miyufukada.com/blog/2015/12/9/life-in-cambodia-27

という題でブログを書いていたことを知らされた。

一年経ったのかと、都内での打ち合わせへ向かう電車の中でこの一年を振り返ってみる。

IMG_1734.JPG

一年前の私は、カンボジアでもがいていた。もがいていたというか 旅の資金探しに必死だったというほうがしっくりかな。 文字通りの必死。

ほぼ毎日ここでココナッツウォーターを買っていた。

ほぼ毎日ここでココナッツウォーターを買っていた。

自分が思いつくあてを手当たり次第探し、訪ね、お金がもらえる仕事ならどんな小さな仕事でも探していた。  

プノンペンの排気ガスで汚ったない雑踏を  自転車でかっ飛ばし チェーンが外れることもしばしば 

見知らぬ地で生きることに必死だった。 

そう言えばちょうど1週間前、自転車のチェーンが外れたな。 なんというシンクロ。 

それはさて置き、 

あの時あの場所で あんなに必死になっていた自分からは想像もできないような環境に今いる。  

これは本当に感謝でしかない。 

あの時あの場所で あんなに必死になっていた自分が 今の自分の糧、自信、行動力に確実に繋がっている。 

本当にほんとーーに、 人生で無駄なことは全くない! と断言出来る。

全ての点と点が繋がり私の人生という線を描いている。

一つひとつの出会いが確実に、着実に 私の人生のネクストステージに繋がる橋となってレゴのように組みあがっていく。 

おそらく29歳の来年の私も また同じようなことを感じるのであるのだろう。 

 

それを思うと歳を重ねるということが楽しみで仕方がない。  

自分の想像もしない世界へと 人生は連れてってくれるのだから。 


ただひとつ、これには法則がある。

「今」を全力で受けとめ、全力で突き進むこと。 

「今」を大切にすること。  

過去や未来の結果にとらわれず 「今」に全ての意識を集中すること。 

 こんなことを書きながら ヨガの哲学と同じじゃん! 

ふと気づく。 おもしろい。

 

ヨガを推したい訳でもなく、純粋に 人生を精一杯楽しみ どの瞬間も無駄にしないためには 「今」しかないということ。

私はこれを色々な経験を通して学んだ。 

ヨガに出会う前から実践していたのかもしれない。 そんな私が今ヨガを教えている。 なんとも面白い。 

ポーズをして体を動かすことがヨガのイメージとして 定着している今 

ヨガはそれ以上のことだと体現していきたいなと思う。  まさに人生そのもの。

 

ポーズなんてしなくなっていい。  

今を精一杯生きること自体が人生の本質、 

人生を楽しく過ごす知恵 = ヨガなんだと。  

なーんだ! ヨガをやってない人でも みんなヨガ知ってるじゃん!  

なんて思った28歳 フリーランスの朝。 

 

毎日 楽しく、自分が楽しいと思うことをして生きる。 レールから外れて私の人生という新しいレールを引きながら生きる。

こんなライフスタイルがあってもいいじゃん! って 生きること自体が仕事になってるなんて嬉しい限りです。 

人生にルールはない。 

100人いたら100人分のライフスタイル。 ただ共通しているのは 心から楽しんでいるということ。 

サーファーでもスケーターでもヨギーでも フォトグラファーでも モデルでもなんでもいい。 楽しく生きていればそれでOK!  

 

そこにかける情熱や愛がどんな人にも共通してることなんだと。 

人生 最高! ありがとう! 

 

 

 

インド、ヨガ、きっかけ。そしていざインドへ。

さて、日本に帰ってきてから早一ヶ月以上が経ちました。

少しずつ、旅を振り返りながらつづっていこうと思います。

 

インドへ行く。

と去年決めた時、いろんな方面から、行かないほうがいいよ、レイプされたらどうするの?!とかかなり心配してくれていたようで、大丈夫かよーインドとか。とかとか。 心配の反面ちょっとネガティブちっくなアドバイスをもらいました。 その99%が、インドに行ったことがない友達や、知り合い。。 インドの何を知っているの?と思いつつ、インドの悪いイメージばかりがメディアでは報道されているんだろうなと、ただ自分の中では何を言われても行く!と硬い決意があり、もし現地で何かあったとしても自分の責任なので、行くことに対して全く抵抗はありませんでした。

むしろ、行ってみないとそんな本当のことなんてわからないじゃん!

 

人から聞いた話や、テレビでやってることには惑わされたくない。自分で足を運んで自分の目で確かめたい。

それしか考えていなかった。

 

そもそもなぜインドに行こうと思ったのかと言うと、私のヨガの先生である、まきえさんに 

一昨年の暮れに、

みゆちゃん インド行ってみたら? 

と言われたのがきっかけ。

インドなんて人生で一度も行きたいとも思ってなかったし、まったく興味がなかった。 

しかし、ヨガをやっていく中で、やっぱりヨガの原点、聖地へ行き、ヨガがなんなのか知りたいと思うようになり、去年の頭にはヨガでティーチャートレーニングを受けると心に決めていた。

でも、先生になりたかったわけではなく、しっかり勉強したかった。リトリートでは習えないことをティーチャートレーニングでは習えると思ったので。

まずは学校探しから。

まきえさんから リシケシがいいよと伺っていたので、とにかくネットでリシケシにあるヨガの学校のウェブサイトを比べっこ。 数が多すぎて(本当に多い!)どこに行けばいいのかわからないほど。しかも現地にいるわけじゃないので想像もつかない。  

調べるうちに、大体が20人とか多人数制の学校が多いことがわかり、ヨガをせっかく習いに行くのに、各国から来たバックパッカーとかヒッピーとワイワイ友達になるいうよりかはヨガに集中したかったので、少人数制で、伝統的なハタヨガを教えている学校を探した。バレエで言うとクラシックバレエを習う感覚。モダンでもジャズでもない、クラシック。

それにしても数が多いので、選ぶ基準は自分の直感。ピンときた学校に早速メールで問い合わせ。

すると予想以上に早く返事があり、条件を核にすると、空港(デリー)まで迎えに来てくれるし、デリーでの宿泊も手配してくれると言うのですんなりここに決めることに。

右も左もわからない国に行くのは初めてで、ワクワクとドキドキがとまらなかった。 

まーどうにかなるだろうと、いつもの能天気さを発揮して、いざインドへ。

空港に着くやいなや、インド人だらけ。(当然のことね。)とにかく人が多い。特にスパイスの匂いがすごいとかっていうのはなかったような。

Miyu Fukadaと書いてある紙を持った人が私を待っていると聞いていたので探してみる。

(自分の名前が書いてある紙を持った人が空港で待っているなんて人生初でちょっと芸能人になった気分。)

が、すぐ目の前にいた。笑 

すぐ宿泊先に送ってくれるのかと思いきや、全然出発しない。なんか、他に団体でくる日本人を待っていたらしい。やっとその人たちが来たと思ったら、両替をどうしても空港で済ませたいらしく待ちぼうけ。

両替は空港の外でもできますと迎えに来てくれている人が英語で伝えるにもかかわらず、人を待たせているっていうこともお構えなしで両替にいく日本人のおじいちゃん達。。

やっと空港を出ると、すごい渋滞!夜なのに目で見てわかるほど砂埃がすごい。そしてその砂埃の中を、どこへ向かうのか 歩き続けるインド人。自転車の人もいた。周りには家なんてないのにどこまでいくんだろう?と不思議に思えるほどひたすら歩いていた。

走ること1時間、その日の宿泊先に到着。おそらくインドにしてはかなり綺麗な宿だったと思う。

一泊999ルピー。日本円で1500円ほど。ちゃんとお湯も出た!フロントで英語はもちろん通じるので、近所の美味しいご飯屋さんをきいていざ向かう。 観光客がおおいエリアで、欧米人が何人か歩いていた。そして宿泊先のおじさんが勧めてくれたレストランに入ると、なんと男しかいない。。 地元のインド人たちが、ウィスキーらしきものワイワイ飲んでいた。

周りの視線を若干感じながらもあんまり気にしないタイプなので、ヨガのコースが始まったら飲めないビールをオーダー。瓶が大きかった。

チキンマサラと、インドと言ったらナンでしょってことでナンも注文。ご飯も食べたかったのでご飯も注文。インディカ米なので、量は食べられるけれども、それにしてもてんこ盛りのご飯。残したら申し訳ないので全てお腹に押し込んだ。

食べ過ぎてお腹がはちきれそうになりながら、ホテルに戻り就寝。 

翌朝、8時に斜め向かいの同じ系列のホテルにリシケシ行きの迎えの車がくるというので、6時には起きて、7時頃近くのチャイ屋さんに行った。チャイとはヒンドゥー語で茶の意味。スタバのチャイティーといったら茶茶という意味だ。笑

 

慣れた手つきでチャイを入れるお店のお兄さん。沸騰しそうになると火から鍋を離してという絶妙なタイミング。

小腹が空いていたので、向かい側に売店があったのだが、袋に入ったパンとかお菓子ばかりで、食欲をそそられなかったので、チャイでひとまずお腹を落ち着かせた。

そのあと荷物をもって、待ち合わせ場所に移動。

つくと、あーあなたね!といった感じで、車に案内され、私の他に2人車を待っている人がいた。

えーっともしかして、リシケシに行くの?まさかのヨガスクール?と恐る恐る聞いてみると、今回一緒に参加する夫婦だった。奥さんは、シンガポール系インド人、旦那さんは、オランダ人。

私は助手席に座り、夫婦は後部座席に。

これから怒涛の7時間ドライブの旅が始まる。。。

 

続く。