Lombok

Indo Trip Part.5 : Final

一人でIndonesiaに来て、ずっと実感していたことがあった。

それは、、今まで自分がやって来た事が全て今に繋がっているということ。

ロンボク初日に、みずほとビーチでディナーをしている時に、自分の夢や目標の話になった。親友とはいえ人の事にあまり興味がない私は、みずほが小学校の時から国連で仕事をするのが夢だたったということを初めて知った。国連での仕事に応募するには色々な条件があるらしく、その中の1つである、"海外で職務経験が2年以上"という条件をクリアするために、長年の夢叶って、日本での広告代理店の仕事を辞めJICAの青年海外協力隊に応募し、昨年末からやっとインドネシアに赴任することになった彼女。

image.jpg

しかし、こっちに来てから考えが変わったという。国連で働く事に情熱や、興味がなくなったというのだ。小学校からの夢、20年近く心に決めて目標としてきていた事が本当に自分がしたい事じゃないのかもと気づいたときの不安やむなしさといったら、経験した人にしかわからない感覚だろう。

私も3年前に、中学からの夢であった、ダンサーになるという大きい目標をもってずーっと住みたかったNYに引っ越した。実際に行ってみると自分の思い描いていた世界とのギャップ、どこか遠くに自分の幸せを追い求めていた事、ダンスを毎日しても幸せではない自分に気づき、通っていた学校も落第して日本に帰ってきた。帰国後、もぬけの殻の私の気持ちと、今みずほが感じている気持ちは同じなんだなと話を聞きながら感じていた。

ただ、1つわかっているのは、人生で一番大きく思えた夢や目標が目の前から消えたとしても、人生は決して終わりではない。世間的にいったら、諦めたとか、挫折とカテゴライズされて、小さい時からの夢や目標を大きくなってもずっと追い続け実現する人の方がすごいとか、偉いとか勝手に決めつけられているような気がする。何がすごいのか?何が偉いのか? 

みずほも、わたしも、共通して再認識したことは、その人が今どれだけ名が知れていてお金を稼いでいるからとかそこがすごいという形容詞を使う判断基準なんではなくて、その人が何をしているにしてもどうやって、そこまでいくのにどれだけ努力したのか、そのプロセスが一番重要だということだった。

お互い、海外に行くと同級生や、周りの友達に話すと

うわーすごーい!!かっこいい!

と言われ続けてきた。 

内心、どこがかっこいいの?何がすごいの?!私は自分がやりたい事をやるためにアメリカに行くだけ。何もすごくもないし、まだまだこれからなのにな。と不思議に思っていた。それはみずほも同じだったようだ。

実際、3年いるはずだったNYから1年足らずで帰国し、5歳から20年も習っていたバレエもしばらく踊っていない。いわば、ダンサーとしてやっていくことを諦めたと世間の目にはうつるだろう。それでも私は、今まで以上に楽しい毎日を過ごしている。そしてNYで通っていたダンスの学校で出会ったヨガも去年から勉強し直し始め、サーフィンも初めて、どうなったかインドネシアに一ヶ月いくことになり、みずほとも会う事ができた。ダンサーという目標が目の前から消えたときの絶望感はどこへ行ったのか、とにかく結果オーライなのだ。人生は面白いものでそのとき世界の終わりだと思っても数日後にはけろっとしていたり、そんなことは忘れている。自分次第でどうにでもなるんだと思う。

10年以上友達であるみずほと海外で語り合うことができるなんて本当に幸せだった。

image.jpg

 

人生において、

良い(Good) 悪い(Bad) 

は存在しない。 

人間の勝手な基準で判断しただけにこと。

人生におけるどんな出来事も、ありのままを受け入れるということを今まで以上に身をもって体験する旅となった。

 

この旅に至るまでに関わった全ての人や出来事、旅での全ての出会いと出来事に感謝。 

 

Life is what you make.  

There's no good or bad in life.  

Seeing as it is the key to live life happily without any misery.  

Thank you everyone who I've come across till I start this trip and during this trip.  

Indo Trip Part.4 : Gili Trawangan

Lombok行きの船に乗るみずほ。

Lombok行きの船に乗るみずほ。

さて、肝心の宿はみずほが帰る前に一緒にチェックインしにいってもらっていた。

着くなり、冷房と蚊帳付きベットがあるゆったりした部屋に案内された。一泊3000円。が、そもそもみずほが予約してくれていたメールには2000円と書いてある。メールを見せても日本語で読めないと言われ、調べるから待っててと言われて30分。亀ほどに遅いインターネット環境で時間がかかったらしい。やっと見つけたらしく、また部屋に係の人が来たかとおもうと、冷房のリモコンを持っていってしまった。

『あー2000円だと冷房はついてないの。3000円払うなら冷房つけられるよ!』

冷房なしで寝れるので無しのままでお願いした。

ロンボクのみずほの家での経験から、ロンボクで水シャワーなのに、ギリでお湯が出る訳がないと予想はついていたけれどやはり水シャワー。Vipassanaのおかげでいちいちテンぱったり、無駄な反応をすることがなくなっていたので、淡々と状況を受け入れる事ができる自分がいた。

エメラルドグリーンといよりかは、ターコイズブルーの海。

エメラルドグリーンといよりかは、ターコイズブルーの海。

島のメイン通り

島のメイン通り

Giliでは、エンジンが禁止されている。なので、島を走る車やバイクはない。すべてが自転車かチドモと呼ばれる馬車のみ。島内の業務用の荷物を運ぶのにはチドモが活躍。道は、ビーチの砂というよりかは砂利道に近い感じなので、焼けた自分の足は一瞬にして白くなった。

観光客は、主にヨーロッパが多い。見た限りでは日本人は私以外誰もいなかった。まあ、だれも私の事を日本人とも思ってないんだろうけれど。w 狭い島なのですぐ顔見知りになれる。同じ道を一日に何度も歩いているといつも同じ場所で同じローカルのお兄ちゃんたちに出くわす。

夜ごはんは、ナイトマーケットと呼ばれる、串焼きや、魚介の丸焼きをオーダできる場所で。隣に座っていたフランス人のカップルと世間話をしながら食べた。離島&観光地なので、物価は少し高め。

次の日は朝からシュノーケリングに出かけた。1つのグラスボートに何人乗るんだ?!というくらいの人数をのせてGili Meno, Air そしてTrawanganと3島をまわり5時間ほどかけてシュノーケリング。

浅いと下まで透き通って見える。

浅いと下まで透き通って見える。

スペイン語やオランダ語、ドイツ語、英語などいろんな言語が飛び交うグラスボート

スペイン語やオランダ語、ドイツ語、英語などいろんな言語が飛び交うグラスボート

Gili Airの近くでシュノーケルのために船が泊まると、いきなり舵取りの兄ちゃんがサーフボードを取り出しすぐ横のブレイクでサーフィン。なんて自由なんだ。

シュノーケルは無事に終了し、オランダ人、ポーランド人と仲良くなった。またどこかで会えるといいねとお互いハグをして別れた。 

島の反対側でサンセットが見れると聞いていたので、そこまで歩いて見に行った。歩いて30分くらい。

真っ白な砂

真っ白な砂

サンセットスポットの途中で。ダンスバトルをするローカルの男の子達

サンセットスポットの途中で。ダンスバトルをするローカルの男の子達

一人でぷらぷら黄昏れながら歩いていると途中でローカルの男の子に声をかけられた。通じてるか通じてないかわからない英語とインドネシア語で話をしながら一緒に見たサンセット。

一人でぷらぷら黄昏れながら歩いていると途中でローカルの男の子に声をかけられた。通じてるか通じてないかわからない英語とインドネシア語で話をしながら一緒に見たサンセット。

ロンボク島からも見えたBaliのアグン山  夜ごはんはまた、ナイトマーケットで、シュノーケリングで仲良くなったポーランド人と人生について語り合いながら食べた。  一人でギリに来て、本当に色々新鮮で、素晴らしい体験ができた。瞑想は一回もしなかったけれど。。w     次につづく。次回でIndo Trip Blogは最終回!

ロンボク島からも見えたBaliのアグン山

夜ごはんはまた、ナイトマーケットで、シュノーケリングで仲良くなったポーランド人と人生について語り合いながら食べた。

一人でギリに来て、本当に色々新鮮で、素晴らしい体験ができた。瞑想は一回もしなかったけれど。。w

 

次につづく。次回でIndo Trip Blogは最終回!

Indo Trip Part.3 : Lombok Day 2 & Gili Trawangan

Indo Trip Part.2 : Lombok をまだ読んでない方は、読んでからこちらを読んでください!

さて、中学からの親友のみずほの生活環境はというと、こんな感じ。

広めのワンルーム

広めのワンルーム

キッチン

キッチン

キッチンの左横に、シャワーとトイレがあるのだが、シャワーは水だけ! ロンボクではリゾート地以外水しか出ないらしい。年中暑いから大丈夫なんだろうと思い、実際浴びてみると寒かった。こんなところではるばる日本から引っ越して住んでいる親友はなんて根性があるんだ!と思った。

日本の生活とは全く違う環境。私もNYでの海外生活体験はあるけれど、この島のように私たちの目線から見たら不自由極まりない生活とは全く別もの。その反面、無駄なものがなく、シンプルに生活できそうで私には、うらやましかった。豊かすぎるよりは、少し足りないくらいの方が、人生で大切なものに気づきやすいと思ったからだ。

 

さて、2日目。この日からはロンボクの左上に3島ある島の1つ Gili Trawanganに泊まる計画をみずほがたててくれていた。ロンボクコーヒーとインドネシアでは定番のナシチャンプルを朝ごはんに食べて、前日にナイトマーケットで買ったスリカヤという果物を食べた。冷蔵庫で冷やしておいたので冷たくておいしかった。

写真ではちょっとわかりにくいが、カメの手みたいな形のみが詰まっていて1つ1つに種がある。

 

また、昨晩の優しい同僚の2人が迎えにきてくれた。Sengigi(スンギギ)の港までマタラムから車で1時間ちょっとのドライブ。

途中でロンボク最大の市場にに寄り道。周辺はオランダの植民地だった名残で、みずほの家の周りとは雰囲気がちょっと違った。

チドモ。ポニーではなくてもともとこのくらいの大きさの馬を使った馬車。

市場の入り口でココナッツを売るおばさん。カメラをむけたらポーズをしてくれた。

サンバルや、ニンニク、ライムなど。 色鮮やか

干した魚など

穀類 お米の種類も色々あった。

左下にあるのは、カメの卵。そのままか、揚げてたべるらしい。

市場でカラフルなスパイスや、無造作におかれた切り落とされた牛の鼻などで目を保養した後は、ハワイかと思うような綺麗な海を横目にヤシの木だらけの起伏の激しい海岸線を通り港に向かう。

 

親友のみずほと。私の方が黒くて、みずほが観光客みたいだった。

みずほに、Lombokの海をイメージしてつくったフリンジピアスをプレゼント!早速つけてくれて嬉しい。

やっとスンギギの港に到着。Gili Trawanganまでは、船で15-20分ほど。200円くらいしかかからない。ただ出発時間は決まっていないので人が集まり次第出港。スピードボードは800円ほどで、10分くらいですぐつく。出発時間も決まっている。ややこしすぎて、今回どっちに乗ったか覚えていない。w

Sengigi

Gili Airによってから、Gili Trawanganへ。。

宿を探して、みずほと島をプラプラ。ショッピングしたり、海で写真を撮ったり。久しぶりにみずほと海であそんだなー。

みずほは週末仕事の予定があったので夕方、Lombokへ。

みずほがロンボク行きの船に乗る前に一枚。次ぎ合えるのはいつだろうか?

さて、ここからは私の一人Gili旅が始まるわけで。。 次回写真をメインにUPします!

親友みずほもロンボク奮闘記を書いているのでぜひ見てみてください。→とある女子のロンボク730滞在記