Yoga

インド、ヨガ、きっかけ。そしていざインドへ。

さて、日本に帰ってきてから早一ヶ月以上が経ちました。

少しずつ、旅を振り返りながらつづっていこうと思います。

 

インドへ行く。

と去年決めた時、いろんな方面から、行かないほうがいいよ、レイプされたらどうするの?!とかかなり心配してくれていたようで、大丈夫かよーインドとか。とかとか。 心配の反面ちょっとネガティブちっくなアドバイスをもらいました。 その99%が、インドに行ったことがない友達や、知り合い。。 インドの何を知っているの?と思いつつ、インドの悪いイメージばかりがメディアでは報道されているんだろうなと、ただ自分の中では何を言われても行く!と硬い決意があり、もし現地で何かあったとしても自分の責任なので、行くことに対して全く抵抗はありませんでした。

むしろ、行ってみないとそんな本当のことなんてわからないじゃん!

 

人から聞いた話や、テレビでやってることには惑わされたくない。自分で足を運んで自分の目で確かめたい。

それしか考えていなかった。

 

そもそもなぜインドに行こうと思ったのかと言うと、私のヨガの先生である、まきえさんに 

一昨年の暮れに、

みゆちゃん インド行ってみたら? 

と言われたのがきっかけ。

インドなんて人生で一度も行きたいとも思ってなかったし、まったく興味がなかった。 

しかし、ヨガをやっていく中で、やっぱりヨガの原点、聖地へ行き、ヨガがなんなのか知りたいと思うようになり、去年の頭にはヨガでティーチャートレーニングを受けると心に決めていた。

でも、先生になりたかったわけではなく、しっかり勉強したかった。リトリートでは習えないことをティーチャートレーニングでは習えると思ったので。

まずは学校探しから。

まきえさんから リシケシがいいよと伺っていたので、とにかくネットでリシケシにあるヨガの学校のウェブサイトを比べっこ。 数が多すぎて(本当に多い!)どこに行けばいいのかわからないほど。しかも現地にいるわけじゃないので想像もつかない。  

調べるうちに、大体が20人とか多人数制の学校が多いことがわかり、ヨガをせっかく習いに行くのに、各国から来たバックパッカーとかヒッピーとワイワイ友達になるいうよりかはヨガに集中したかったので、少人数制で、伝統的なハタヨガを教えている学校を探した。バレエで言うとクラシックバレエを習う感覚。モダンでもジャズでもない、クラシック。

それにしても数が多いので、選ぶ基準は自分の直感。ピンときた学校に早速メールで問い合わせ。

すると予想以上に早く返事があり、条件を核にすると、空港(デリー)まで迎えに来てくれるし、デリーでの宿泊も手配してくれると言うのですんなりここに決めることに。

右も左もわからない国に行くのは初めてで、ワクワクとドキドキがとまらなかった。 

まーどうにかなるだろうと、いつもの能天気さを発揮して、いざインドへ。

空港に着くやいなや、インド人だらけ。(当然のことね。)とにかく人が多い。特にスパイスの匂いがすごいとかっていうのはなかったような。

Miyu Fukadaと書いてある紙を持った人が私を待っていると聞いていたので探してみる。

(自分の名前が書いてある紙を持った人が空港で待っているなんて人生初でちょっと芸能人になった気分。)

が、すぐ目の前にいた。笑 

すぐ宿泊先に送ってくれるのかと思いきや、全然出発しない。なんか、他に団体でくる日本人を待っていたらしい。やっとその人たちが来たと思ったら、両替をどうしても空港で済ませたいらしく待ちぼうけ。

両替は空港の外でもできますと迎えに来てくれている人が英語で伝えるにもかかわらず、人を待たせているっていうこともお構えなしで両替にいく日本人のおじいちゃん達。。

やっと空港を出ると、すごい渋滞!夜なのに目で見てわかるほど砂埃がすごい。そしてその砂埃の中を、どこへ向かうのか 歩き続けるインド人。自転車の人もいた。周りには家なんてないのにどこまでいくんだろう?と不思議に思えるほどひたすら歩いていた。

走ること1時間、その日の宿泊先に到着。おそらくインドにしてはかなり綺麗な宿だったと思う。

一泊999ルピー。日本円で1500円ほど。ちゃんとお湯も出た!フロントで英語はもちろん通じるので、近所の美味しいご飯屋さんをきいていざ向かう。 観光客がおおいエリアで、欧米人が何人か歩いていた。そして宿泊先のおじさんが勧めてくれたレストランに入ると、なんと男しかいない。。 地元のインド人たちが、ウィスキーらしきものワイワイ飲んでいた。

周りの視線を若干感じながらもあんまり気にしないタイプなので、ヨガのコースが始まったら飲めないビールをオーダー。瓶が大きかった。

チキンマサラと、インドと言ったらナンでしょってことでナンも注文。ご飯も食べたかったのでご飯も注文。インディカ米なので、量は食べられるけれども、それにしてもてんこ盛りのご飯。残したら申し訳ないので全てお腹に押し込んだ。

食べ過ぎてお腹がはちきれそうになりながら、ホテルに戻り就寝。 

翌朝、8時に斜め向かいの同じ系列のホテルにリシケシ行きの迎えの車がくるというので、6時には起きて、7時頃近くのチャイ屋さんに行った。チャイとはヒンドゥー語で茶の意味。スタバのチャイティーといったら茶茶という意味だ。笑

 

慣れた手つきでチャイを入れるお店のお兄さん。沸騰しそうになると火から鍋を離してという絶妙なタイミング。

小腹が空いていたので、向かい側に売店があったのだが、袋に入ったパンとかお菓子ばかりで、食欲をそそられなかったので、チャイでひとまずお腹を落ち着かせた。

そのあと荷物をもって、待ち合わせ場所に移動。

つくと、あーあなたね!といった感じで、車に案内され、私の他に2人車を待っている人がいた。

えーっともしかして、リシケシに行くの?まさかのヨガスクール?と恐る恐る聞いてみると、今回一緒に参加する夫婦だった。奥さんは、シンガポール系インド人、旦那さんは、オランダ人。

私は助手席に座り、夫婦は後部座席に。

これから怒涛の7時間ドライブの旅が始まる。。。

 

続く。

Your life is Yours. 旅を終えて思うこと。

昨晩日本に帰ってきました。 一言。 さぶい!!!!

10/9に日本を出てからなんと5ヶ月弱がたちました。正確にいうと140日。

インド、タイ、カンボジア、マレーシアと旅して、最後は予想もしてなかった私の大好きな国インドネシアに去年の5月以来9ヶ月後に戻ってくることになり最後は一日中サーフィンをして、体がバッキバキになるまでやりきった。

 

今回の旅は全く予定未定の行き当たりバッタリ旅。

 

お金を途中で稼ぎながら、一人で5ヶ月もよく頑張ったなと。お疲れ様と自分に言いたい。本当に色々ありすぎて、今思い出せること全て書きだしても忘れてることがあると思う。早く、フィルムで撮った写真を現像してこの旅を振り返りたいなー。

 

海外にいて日本で自分がtake careできなかったことの世話をしてくれた家族に感謝。かなり迷惑をかけました。毎度だけど。

そしてこの旅の全ての出会いと別れ、出来事に感謝。

こんなにも自分の行動範囲を広げてくれた英語、ちょっとした他言語の知識、自分の行動力や可能性に逆にびっくりする旅になりました。

 

それにしても仕事や、観光で海外にいる日本人は見たけど、’旅’をしているほとんど日本人には会わなかったなー。

 

友達がシェアしていたFBのビデオで、迷惑をかけないようにと育てられる環境が、日本人の個性や、行動力にかなり影響があると言っていた。

それは確かに一理あるかもしれないけど、ぶっちゃけ自分もそういう日本文化、社会の中で育ってきた。でもこうやって、社会的常識に逆らった生き方をしている。

こうしないといけない、こうでないといけないという社会的プレッッシャーや、どっから始まったのかもわからない社会的理想なんて糞食らえとに真っ向から反抗して生きてきたと思う。小さい時は親の言うことも全然聞かなかったし。w

ただ親が日本でいう常識はずれの変な親だったかというとそんなことは全くない。逆に極めて厳しい、こうしないとダメ!という環境で育てられた。 何しても怒らない親ではなく、言われたことを守らないと怒られるし、部屋を片付けないと部屋の荷物を全部廊下に放り出されたり、散々喧嘩して家を追い出されそうになったり。どちらかというと、友達の親より全然厳しい家庭で育ったと思う。それが功を奏したのかはわからないけど、それが逆に自分にとってのモチベーションになっていた。

だから、育った環境だとか、文化とか社会的プレッッシャーはその人がどう人生を歩むかはぶっちゃけ思ってるほど、あんまり関係ないと思う。

やる人はどんな状況でもやるから。

周りのせいとか、親とかそういうことを理由に あーこれができない、あれができないとは言わずにやる。

やるか、やらないかしかない。

やったもん勝ち。

今回の旅に関しても、旅に出ない理由なんていくらでもあった。お金貯まってないからいけないとか、仕事で1ヶ月以上休みとれないからとか。思いつけばいくらでも。

でも私にとっては直感であの”今"しかなかった。あの時しかなかった。 仕事も辞めてお金も10万以下しかなくて、銀行にだってお金なんてほとんどなくて、どうなることやら不安だらけだった。

でもそんな不安より、自分に何ができるのかどんな困難が待ち受けているのか、どんな状況にぶち当たって、自分がそれでも乗り越えてやりきれるのかっていうほうがワクワクして、楽しみだった。

 

確かにラッキーかもしれない。こういう性格に産まれて。自分に産まれてよかったと思う。自分の歩む人生が心から最高と思える。

 

前にも書いたと思うけど、いいねー旅してとか、海外いってすごいとかよく言われる。でも何もすごくないw 自分がやりたいことを好き勝手に周りに迷惑かけてやっているだけ。

でも、自分は、みゆとは違うからそういうのできないし。。。とかこのブログを読みながら思ってる人いるんじゃないかな? そんなに若くないしとか。そんなの本当に全く関係ない!

私と同じやり方なんてする必要ないし、自分なりにできることをやって、少しずつ一歩進めばいい。そして、まだ若いしとかもうこんな年だしとか関係ない。

いつどこで死んでもおかしくないこの時代と世の中。実際自分の身内や友達がいきなりいなくなったり、そういう経験をしている。そういう経験が、型にはまらずにやりたいことをやらないでどうする!?

といったモチベーションになっている。

 

自分を殺して会社や、誰かのために生きる。別に悪いことじゃない。それはその人の人生だから。それで満足して、幸せなら全然いいと思う。

でも、今まで誰一人としてそれで満足して幸せに生きている人に会ったことがない。どっかしらで不平不満がたらたら。 だったらやめればいいのにと思う。文句言ってまでやる価値があるのか? 

やりたいことを一つみつけてとことん全力で頑張りなさい?そんなことを小学校で言われた気がする。誰がやりたいことは一つだけじゃなきゃだめって決めたんだろうか? 一芸に特化してることがそんなに一芸に特化してない人よりすごいのか?プロなんチャラとか、社長とか、かっこいい肩書きがあることがそんなにすごいのか? 社会で一般的に”すごい”とか思われてること全てに疑問を投げかける。そして自分の経験を通してそれが本当なのか確かめる。

迷惑かけないようにと育てられる日本の教育環境より、一芸特化に優越感を与える教育環境の方が問題ありなきがする。自分の可能性にリミットを決める必要なんてないし、そんな権利は誰にもない。

私が海外に行ってるからすごいとか英語が喋れるからすごいってわけじゃない。というか自分がすごいとも思ってない。

ただ自信だけはある。なぜなら、自分がずっと海外に行きたいと思って過ごした中学時代から 海外で絶対必須な英語を独学で習得したことと、 そのおかげで行動範囲広がり視野も広くなっていろんな人や文化に出会うチャンスになったこと。

giliで出会った私の初めてのヨガの生徒、mireyaはny在住のフォトグラファー。共通の友達がいてびっくり。the world is small.

giliで出会った私の初めてのヨガの生徒、mireyaはny在住のフォトグラファー。共通の友達がいてびっくり。the world is small.

勘違いしないでほしい。海外にいる人がすごいとは思わないし 海外住んでたりいろんなとこ行ってるからといって自分がすごいとも思わない。英語が喋れるからといってすごいわけでもない。 よく勘違いされがちな部分だけど。

肝心なのはそこではなくて 自分がやりたいことをどこまで 周りになにを言われても周りがなにを思っても気にせずにやり続けられるか という部分。例えば47都道府県全部制覇するという目標があって英語も全く喋れないけど 目標達成に向けて行動している人がいたら私は、その人を尊敬する。その人にとっては英語はやりたいことに対して必要ではない。だから英語がしゃべれるからすごいとかそんなことはどうでもいいのである。 英語はただのツールである。

ただ1つ言えるのは 例えば東南アジアで仕事で仕事していて、英語もほぼしゃべらず 海外に住みながら 「英語喋れるやつって偉そうだよな。」ということを言っている人たち。 実際にカンボジアでこういう日本人に出会った。 人のこと偉そうだよなっていって自分に引け目を感じて妬んでいるなら 英語勉強してみればいいじゃんと思う。行動の前に相手のことをディスるのは残念だと思う。しかも海外在住歴は私よりはるかに長い。海外にいるからといって必ずしも視野が広がる、考え方が変わるわけではない。全ては自分次第。海外にいても日本の考えのまま保守的でいれば何も吸収されない。海外に何年住んでても日本人とばかりつるんで現地の言語を喋らずに生活なんてすごく簡単にできる。実際自分もカンボジアに2ヶ月いたけど 最初の1ヶ月は喋ろうとしていなかったのでクメール語は全くわからなかった。カンボジアに1ヶ月もいて、通常なら現地の言葉をすぐ覚える私にとって1ヶ月後でもほぼ喋れない自分にビックリした。でも喋ろうとしていなかった自分がいたので当たり前だ。脳が完全にシャットダウンしていたのだ。全ては自分の行動次第なのだ。

人生の先輩である Rip Zingerも 自分の信念を持ち続けて継続している。 私より10歳以上年上ででも常に挑戦し続けている。

彼がジェリーロペスや  ロブマチャドといった有名なレジェンド的サーファーと友達だからすごいんではなくて、今の私の年くらいの時から 日本と海外を行ったり来たりしながらやりたいことを10年以上やり続けていることが"すごい"のだ。

しかもカナヅチで泳げないのに サーフィンを初めて、初めて一年ほどで去年初めていったバリ、いきなりウルワツでロブマチャドとサーフィンするという。。 彼の行動力と常に自分の限界に挑戦する姿勢からはたくさんのことをいつも学ぶ。 

カンボジアで お金が本当にギリギリで、インドネシアでのヨガを教えることに半分決まっていたけど金銭的にどうなるのか全く予想がつかなくて、これはもう日本に帰ったほうがいいんじゃないかという考えがよぎった時に彼に相談した。 

お金は後からどうにかなる。今はお金じゃなくて 経験だよ。 人生崖っぷちにいるときこそそこから自分に何ができるか自分のリソースと今までの経験から脳みそを絞ってやってみなよ! 

という言葉をくれた。 確かに。

ヨガの仕事に応募するのに、何時間もかけて友達に助けを借りながら英語で履歴書を書いたりカバーレターを書いたりしたんだ。ここで諦めて帰るわけにはいかない。と思い直して自分の限界に挑戦してみることにした。また、Ripの友人でもあるyoga jayaを始めたカナダ人のパトリックにも全く同じことを言われた。今はお金じゃない。今しかできない経験をするべきだ。まだまだ若いんだし 家族がいるわけでもない 。お金がなくても死にはしないからとことんやってみなよ! やれば新しい道が見えるかもしれないよ。 

と。

2人の尊敬する人生の先輩の言葉に助けられ 自分がなんで日本を出てきたのか再確認して今回の旅を続けることができた。

そして帰国した今、本当にあそこで諦めずに海外にとどまってよかったと思う。 もしあの時帰っていたら今ある出会いは全くなかったし、この経験は手に入れられなかった。

人生は短い。自分が産まれた限りは、まず自分を幸せにしないと、周りに貢献なんて出切るわけがない。これはニューヨークにいって気づいたこと。全然ハッピーじゃないのに、どうやって自分のダンスで人を感動させたり、幸せにできるだろうか? 私にはそれは単なる自分の上部だけ良く見せてる風にしか思えなくて、自分が幸せじゃないことに気づいて悔しかった。自分が嫌いだった。

そんなわけで2013年にニューヨークから戻ってきてから、自分を幸せにするって決めた。それからもうすぐ3年が経つ。 

貯金も今はないし、仕事もない。w でもすっごく幸せ。最高! やっと自分を幸せにする方法がわかってきたみたいだ。

3年前、ダンサーという夢から解放されて、何かとことん好きなことを見つけようとしていた自分。3年たっても見つからない。逆にやりたいことが増えるばっかり。

一個になんて当分絞れなさそうだ。だったら全部やってみればいいんじゃない?!

と気づかせてくれた旅だった。

人生という旅はまだ終わってない。まだまだこれから!


ありがとう。

Island life Part. 1

スパットさん事件はありましたが、気を取り直して翌日ちゃんと迎えの車がきて、Padangbaiまで行くことに成功。結局、スパットさんは電話越しにとどまり、実際に会うことはなかったです。w

 

船の中は冷蔵庫のように冷房ギンギンで、寒く、ロンボクについても天気がどんよりで寒かったー。ボートを降りようと思うと目の前に大きく”MIYU”と書かれた人が立っていて、ホテルから迎えにきているボートまで案内してくれました。

Gili Menoについて早速、ホテルのマネージャーからの説明をうける。今回泊まらせてもらう部屋は、バリハットといって、蚊帳のついたベッドがあるだけ。周りは竹の壁で囲まれていて、全てはその蚊帳の中で済ます。シャワーとトイレは共有スペースにある。 去年Gili Trawanganにいったときシャワーが水しかなかったし、ロンボクの親友の家でも水だったので、水シャワーだろうと思ったらなんと!お湯がある! めっちゃテンションあがったー。w

肝心のヨガスタジオはというと、バリのマルタサリにあるメルキュールホテルのエコヨガスタジオと同じ人が設計、建築しているスタジオで、釘などは一切使わない竹でできたヨガスタジオ。

ホテルのオーナーは、日本人のアキさんとシンガポール人。アキさんといろいろ話をしながらその日のディナーはロブスターをご馳走になりました。 とても気さくで優しいオーナーで、全く知らない島に一人できたけれど、心なしか安心できました。

今日から約一ヶ月間、私のIsland lifeが始まります。 歩いて約一時間程度で回れるこの小さい島で、どんな経験ができるのかワクワクです!

 

My new journey starts on this island in Indonesia.

Little did i know I would come back to Indonesia as a yoga teacher 8 months ago when I visited Indonesia for 1 month last year. 

Despite all the things I have been through in this trip, I am happy to be back on one of my favorite places.

Gili meno is located on the middle of Gili islands in Indonesia. Such a beautiful island with nothing but white sands, corals and clear water. 

India part.1 おにぎりとからあげとラーメンとおいなりさん

私は今、インドに来ています。

といっても、もう3週間が経つんですが、3日前から下痢。。

長期の旅行はなんどもしたことあるけど、こんなに体調悪くなるのは初めてで、しかも水分が全部出て行っちゃうせいで、痩せるし、体力なくなるし、

しかも、インドなんて日本と全然ちがうし、環境も空気もご飯も水も。 家で具合悪くなるだけで辛いときはつらいのに、全てが自分の国と違う土地で具合が悪くなるのはわけが違うようで。

今回はヨガのコースに参加するためにインドにきていますが、クラス休むのもこれで3日目。

メンタルにもきますよね。 

友達や、知り合いが、旅先で病気になった話は聞いたことあって、まったく違う環境で大変なんだろうなと思ってはいたけど、自分がなってみて あーなるほどね。と納得。 

インド料理にも飽き飽きだし、おかゆといっても日本のおかゆとはまったく違うし、何もかもが思い通りではない現状。まーあたりまえなんだけどね。

自分が実際体調崩して、思い浮かぶのは、日本から遠く離れた土地で、暮らして、仕事している友達。いつまでもないものねだりなんてできない訳で、頭を切り替えて自分なりに、なにか方法を見出している。

自分が来たくてインドにきた訳で、日本とは訳が違うなんて想像できるし、できていた。ただいざこういう状況に置かれると、自分の思い通りにいかない状況ばかりに目がいって、自分がなにをすべきなのかを忘れがち。こういう状況でも、順応に対応していくのが生きる知恵なのだなとわかった。決して簡単なことではないけど。

ということで、タイトルは、今食べたいもの。 これ食べるだけで治る気がする。

朗報が。近くに、日本人がやっているカフェ OKAERI というところがあるそうなので、ある程度歩けるようになったらいってみようかな。


I am currently in India right now

Well, It has actually been 3 weeks so far and been dealing with diarrhea. Today is day 3. It has calmed down but since you are dehydrated, no energy left in the body, feeling super weak. 

haha It's just diarrhea, I thought so until I was really sick and barely get out the bed to go to the bathroom.

It's never a fun to be sick at home already.

Being sick away from home????? There's nothing you can get in your favor. Different food, different climates, different water, different air, different people different languages... everything is DIFFERENT.  You could imagine how it would be even before you come here but experiencing on your own is just totally different. 

I am here to attend Teacher Training Yoga course. It's been 3 days of bed and not being able to attend any classes because the body is too weak to walk out the door. This does something to your mental apparently.

However, you can't let that get to the mental and start blaming on the situation you are in and ask for something you can never get is non-sense. This experience reminds me of my friend living and working far away Japan and been though the similar situation but managed to get through. Finding some comfort in the situation is a definite skill. Through this experience I learned and earned it but it was never easy. 

Drinking water with salt and lemon to boost my energy and get back on my yoga routine is my goal for the weekend. Oh, I got some good news! There's a Japanese cafe running by a Japanese woman close by, I will check it out when I feel good enough to walk over there. 

The title is dedicated to the Japanese food I love to have right now. Those alone would just make me feel a lot better. Perhaps, imagining them in my head might help too. Who knows. haha Onigiri (Japanese rise balls), Karaage (Japanese style fried chicken), Ramen, Oinarisan (rice in a fried tofu bag)

 

EVERY DAY IN LIFE IS A LESSON.